calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

登録いろいろ




keitai
pc

つぶやき(ぼやき?)

覚悟のページ

http://csgmission.com/lifetrainer/category/%E8%A6%9A%E6%82%9F%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/

写経へええなぁ〜

0
     写経を書くと不思議な感覚が生まれる。

    元気になったり、明確になったり、泣けてきたり・・・

    書いてる時は手がしびれて嫌になっても、終わったら

    なんかほっとする。

    マイケル・ジャクソンを聴きながら・・・

    0
      メルマガ「コミトレ的探究」で配信したものを、登録してない方にも
      読んで頂きたくて、ブログにもアップします。
      ********************************

      マイケル・ジャクソン

      世代的には、ど真ん中。超リアルタイムで青春(笑)とともに
      在った彼と音楽。

      とは言え、ファンと言うわけではないので、詳しくは知らなかった。
      (母は、「この子かわいい」と整形前の彼が大好きでしたが^-^)

      彼の突然の死で、毎日のように新たな情報を得る内に、

      マイケル・ジャクソンは偉大なんだと、改めて思い始めました。

      そこで、CDを購入し聴いていたところ、ふとこんな考えが浮かんできました。

      ”やっぱり他人の事より自分の事”なんやなぁー・・・


      「他人の事より自分の事」
      これは私がセミナーやセッションで繰り返し言っていることです。

      小さい頃に言われた事と正反対じゃないですか?
      「自分の事より他人の事をまず考えなさい」とか言われてません?

      私はそう言われて育ちました。

      他人の気持ちや感情を察する「心の理論」を育てる上ではこれはとても
      必要な部分です。
      だからこれも大事ですよ。

      ただ、私が言っている「他人の事より自分の事」の意味は、

      他人や周りにばかり目を向けて、ここを変えれば良いのに、こうなって
      ないからダメだと、とやかく言う前に「自分を省みる(かえりみる)」です。

      他人や周りのことをとやかく言っているうちは、自分に取り組まないで済みます
      からね。しかし、これでは反感や抵抗を生んで関係性は悪くなるし、おまけに
      自分の成長も見込めない。
      要するに、何も上手くいかないって事になります。


      話しをマイケル・ジャクソンに戻すと

      彼の歌を聴いていると、貧困や戦争、差別で苦しんでいる人や子どもを救おう!
      というメッセージに溢れています。

      清らかで優しい歌声からも、彼がとても優しい人だったのだろうと想像出来ます。

      世界的にメッセージを発するポジションを得、それを成す為の経済力も得た。

      しかし、彼に決定的に足らなかったものが一つ。

       それは 「自分を救う事」


      他人を救おうと思えば、まず自分が救われていないと上手くいかないし、
      続きません。

      彼は救われない心の空洞を埋めるように、他人を救おうとしたのだと思う。
      「自分と同じ思いはさせたくない」と頑張ったのだと思う。
      それもよく解る。


      普通この観点で取り組んだなら、とっくの昔に頓挫していると思うけど、
      彼はその困難を振り払える程の情熱を持っていたのだと思う。

      それだけの情熱と使命感を持っていたからこそ、惜しい!!と思う。

      他人を救う前に、彼自身が彼を救う取り組みをしていれば、持てる能力を最大限
      発揮して、もっと多くの偉業を成し遂げられたと思うから・・・

      他人をとやかく言うにしても、他人を救おうとするにしても、その前に自分を
      しっかり整えていないと望む結果は得られないと言うことです。

      自分を見つめ、機能しないクセを見つけ出し改善する。

      「他人の事より自分の事」なのです。

      マイケルよ、お疲れさま。どうか安らかに・・・

      | 1/1PAGES |